屋根修理お助け隊主タイトル 電話番号フリー
サイトの説明TagFAQのTag提携会社募集Tag問い合わせフォーム運営組織TagサイトマップTag
ホームタグ
火災保険で
屋根修理
東北・関東
大震災
屋根修理
相場メニュー
屋根
各部の名称
屋根の構造
スレート系
コロニアル
カラーベスト
屋根の修理
金属系
トタン
ガルバリウム
屋根の修理
瓦屋根の修理
雨樋の修理
葺き替え
相場・概算
軽金属
ガルバリウム
へ葺き替え
お助け隊で
承った修理例
Nobilis Works 住所
工事種目:
 和瓦、洋瓦屋根修理
 カラーベスト屋根修理
 コロニアル、スレート材
 金属屋根修理
 ガルバニュウム鋼鈑 
 カバー工法
 雨漏り修理
 樋の修理

1:千葉県、クボタハウス折板屋根:錆パネル交換工事


家全体正面 築30年、軽量木造2階建、その昔よくあったトヨタホームです。 お客様からの修理依頼に添付されていた、細長いフレームの一部のようなものが、家の裏に落ちていたということでした その部品が剥がれたと思われる2階屋根の側面を剥がしてみたところの写真が、下の写真2です。 
写真1  
屋根側面のシャーシ 側面のシャーシが錆びて外側のパネルも調査時に落ちてきました。 下のフレームが完全に錆びてなくなっています。
このフレームの修理は、瓦屋さんではできませんし、板金屋さんでも無理です。
まさにシャ−シの修理です。
何故こんなにも錆びができたのか??
写真2  
錆びたフレーム及びシャーシを新らたに製作して取り付けたところ。 屋根側面のシャーシ骨組み
 写真3

パネルを張りなおして錆びたところの修理完了です。 次はこの錆をつくった原因の補修です。 どこから錆(水が原因です)がまわったのか??  屋根側面のシャーシパネルを張ったところ
 写真4

パネルの穴 ひとつは、この穴。 
雨の侵入口と思われます。
繋ぎの金具が下にずれて、穴が開いています。 パテ止め済。 
写真5  
ジョイント部 既にシリコンのコーキング剤で埋めてありますが、設計ミスなのか施工ミスなのか不明ですが、アングルは、コの字型
上から全部を覆う形でないと隙間ができて雨が侵入してきます。 埋めたあとでも分かるように、アングルが上までしかありません。 
写真6  


 他の修理箇所

                屋根の四隅 シリコンでの補強

                内側の角    シリコンでの補強側面

     シリコンにてコーキング後塗装    塗装
アンケート
施工例のメニューに戻る


この工事は、千葉県の業者さんですが、仕事が非常に丁寧で、優秀な屋根屋さんです。 
しかも工事の過程、箇所を懇切に写真に残してくれますので、安心です。 ここでは何故屋根の部品
がひとりでに落ちたか? 何故錆がまわったかが良く分かります。


屋根修理お助け隊は、やねの修理・工事の概算金額・価格相場を公開しています。また修理の見積を
匿名にて、複数、依頼もできる便利なサイトです。葺き替えの見積は、やね葺き替えお助け隊、屋根工事お助け隊
にて更に詳しい説明がありますので、そちらをご覧ください。
__________ 屋根修理の見積は、屋根修理お助け隊へ____________

屋根修理お助け隊、Copyright (C) 2011 Nobilis Works. All Rights Reserved