屋根修理お助け隊主タイトル 電話番号フリー
サイトの説明TagFAQのTag提携会社募集Tag問い合わせフォーム運営組織TagサイトマップTag
ホームタグ
火災保険で
屋根修理
東北・関東
大震災
屋根修理
相場メニュー
屋根
各部の名称
屋根の構造
スレート系
コロニアル
カラーベスト
屋根の修理
金属系
トタン
ガルバリウム
屋根の修理
瓦屋根の修理
雨樋の修理
葺き替え
相場・概算
軽金属
ガルバリウム
へ葺き替え
お助け隊で
承った修理例
Nobilis Works 住所

工事種目:
 和瓦、洋瓦屋根修理
 カラーベスト屋根修理
 コロニアル、スレート材
 金属屋根修理
 ガルバニュウム鋼鈑 
 カバー工法
 雨漏り修理
 樋の修理



11:スレート葺き急勾配、棟の破損修理

屋根の板金が台風で飛ばされて落ちてきたと電話があり、成るべく安く修理をして欲しいとご要求でした。 スレート材の屋根の棟部分はこの工法の弱いところなのですが、貫(下地材の木)がそのまま傷んでなく、使えれば棟包み(棟の板金)をそのまま再設置する工賃は、低価格です。 しかし、棟板金が飛ばされる=固定の釘、ビスがはずれている=下地の木材(貫)が傷んでいる であり、下地材が使えない場合が殆どです。 その様子を下記に掲載します。


工事前_ 写真1 棟の板金(棟包み)剥がれ
−− 工事前_写真2 外れた棟包み
 スレート材、雪止めのある本体部分: だいぶ傷んでいる築23年、補修は全くやっていない
(苔、カビが散在している、屋根材のひびもかなり目立つが今回は補修はやらず)
勾配が急なため水はけがよいため、上の部分の方が傷みは軽微、

棟部分、板金はOKの部分 棟板金(棟包みが剥がれた箇所)

修理費用: 工事見積: 棟板金、棟包み補修 1.8mの棟包み2本の再取り付け
1:貫(下地の木材)が使える場合 ・ ・ ・ \3,000/mで約 \10,800-
2:貫が腐っていて釘が効かず下地交換込み ・ ・ \12,000/mで\43,200-
3:写真のように急勾配なので、足場代を入れ、下地の交換から工事すると

  @ 仮設足場設置費 
          \150,000 @\1,000/u 足場面積 150u
  @ 棟包み板金2本、下地材とも施工費
          \12,000 X \3.6m = 43,200
  @ 足場を組んだので、他のスレート材が傷んでいるところ部分補修
          \5,000/u X 10u = \50,000-
  @ 諸経費 \16,800-
  @ 合計金額(税込金額)     \260,000-
コメント 急勾配は、雨が良く流れ、水はけがよいのですが、メンテをするときに足場が必要になり、コスト高になります。 逆に下の緩勾配の部分は、上部分に比べて水はけが悪く老朽化が早いです。そのいい例と思いましたので、掲載しました。
工事費もおおいに参考になると思います。



屋根修理お助け隊は、やねの修理・工事の概算金額・価格相場を公開しています。また修理の見積を
匿名にて、複数、依頼もできる便利なサイトです。葺き替えの見積は、やね葺き替えお助け隊、屋根工事お助け隊
にて更に詳しい説明がありますので、そちらをご覧ください。
__________ 屋根修理の見積は、屋根修理お助け隊へ____________

屋根修理お助け隊、Copyright (C) 2011 Nobilis Works. All Rights Reserved